治療例

不正咬合は患者さんひとりひとり、すべて異なります。
ここでは代表的な症例をご紹介します。
個々の症例に合った治療計画を立て、理想的な歯並びを目指しましょう。

治療例 でこぼこ
治療例 治療前 でこぼこ歯並び
治療例 治療前 でこぼこ口元写真

笑うたびに引っかかっていた八重歯が治り、
スマイルが楽しくなりました。


治療例 でこぼこ治療後

先生より

小さい顎に歯をきれいに並べる為に、上下左右小臼歯を抜歯。
その後、矯正装置(フルブラケット)をつけて歯並びと咬み合わせを整えました。


治療例 受け口
治療例 受け口写真
治療例 受け口口元写真

笑っても下の歯だけ見え、楽しい印象が薄かったのが、
上下の歯が見え、笑った時の不自然さがなくなりました。


治療後 受け口

先生より

前歯が反対に咬み合っている為、噛みにくく胃腸に負担がかかり消化も悪い。
また『サ行』などの発音が悪く、聞きとりにくかったのも改善しました。


治療例 出っ歯
治療例 出っ歯写真
治療前 出っ歯口元写真

左右の口角が対称になりきれいに上がるようになって
とても素敵な笑顔になりました。


治療後 出っ歯

先生より

前歯が顔に対して前すぎに位置していました。上下左右の小臼歯を抜歯。
その後矯正装置(フルブラケット)をつけて、出っ歯を治しました。


治療例 オープンバイト
治療例 治療前オープンバイト
治療例 オープンバイト口元写真

前歯がちゃんと咬めるようになって
食事の幅が増えました。


治療後 オープンバイト

先生より

奥歯で咬んでいても、前歯が全く咬みあわない状態。麺類なども前歯で
咬み切れず、物を飲み込むときに舌を前に出す舌癖(ぜつへき)を伴います。